縁結神社の由来

 ある年の十月、出雲大社の神様会議でヤマト民族を増やすには全国へ縁結びの神を祀るのがよいと決められた。急いでご神体を作り、年内に全国へ配布することになった。出雲から信濃の国府松本へ送られるご神体は、三人の使者が付き添ってはるばる信濃を目指して出発した。使者が小木曽地区へ着いたのは、師走も半ばを過ぎ、雪も深く積もった日であった。急に降り出した大雪はみるみるうちに積もっていった。辺りは暗くなってきたので今日はここで野宿することにした。枯れ木の枝を集め、焚火しているうちに昼間の疲れが出て、三人はいつしか深い眠りに入っていった。

 何時間眠ったことであろう。夜中頃、三人の枕元へ白装束の翁が現れ、「この林へ祀るべし」とお告げを残して煙のように姿を消してしまった。ハッと思って三人は飛び起きた。みんな同じ夢を見ていたのだった。三人でこの不思議な出来事を話しているうちに夜が明けてきた。すっかり明るくなった頃、地元の人たちが輪カンジキで雪を踏み分けながら上ってきた。茶屋の主人は村中に相談して若者を選び、三人を助け出そうと、夜明けを待って出発したのだという。三人は、その親切を感謝し、用意して来てくれた握り飯をほおばりながら夕べ見た不思議な夢物語を話しこれからどうするか村人と相談した。

 やがて、村人たちの協力で祠が造られ、吉日を選んで三人が野宿をした洞穴の中へお祀りすることが出来た。三人の使者は地元の人たちに今後のことを頼むと、出雲へ引き返していった。

 

[縁結神社由来記]より抜粋